さとう珠緒

さとう珠緒の記事が掲載されていましたが、33歳の対応でしょうかね。

タレントのさとう珠緒(33)が28日、東京・九段会館で行われた米映画「ホステル2」(イーライ・ロス監督、9月8日公開)の完成披露試写会でトークショーを行った。殺人鬼のもとへ売られていく女子大生を描いた同作の1シーンに合わせ、イスに手足を縛られた状態で登場。「ひど〜い!! これじゃ、プンプンもできないじゃないですかぁ」と怒っていた。

さとう 珠緒(さとう たまお、1974年1月2日 本名:佐藤珠緒)は、日本の女優、タレント、元アクション女優。所属事務所はプチスマイル。趣味:アロマテラピー・落語。




2006年3月21日OAの「ウリナリ芸能人社交ダンス部」でオリエンタルラジオ・中田敦彦とラテン1級獲得、準優勝した。
イスラエルやパレスチナ、テルアビブなどの紛争地域へ一人で赴くことがあるらしいが、公には語っていないため、目的等は不明。
小沢真珠からは「珠姉(たまねえ)」と呼ばれている。
2006年9月6日のcasTY(上っ面トーク)の配信にて料理対決に破れ、罰ゲームで30代での見事なメイド姿を披露。この写真は石田靖のブログにも掲載。(同年9月7日のエントリ)
2006年11月20日よりアメーバブログ「珠緒のお暇なら見てよね」を開設。
ロンドンハーツの「格付けしあう女たち」では「(人妻100人に聞いた)他人の夫を奪いそうな女」と言うテーマでワースト1となり、本来は反論すべき所だが、本人はこのイメージについては満更でもない様子だった。
子どもの頃はバレエを習っていた。「超力戦隊オーレンジャー」のエンディング映像で華麗なカンフーアクションを披露しているが,「バレエをやっていたからなかなかきまってるでしょ」との弁がある。
よく番組等で「結婚したい」といった発言が目立つがまた別の番組では「結婚することはあまり考えていない」などといっており、番組によって彼女の考えが錯誤している。これは、そのときの場の雰囲気、本人の気分、演じているキャラクターなどによって左右されるものであり、結局、本人自身の深層心理に委ねられるものである。
しばしば、ファンの間で「さとたま」という便箋上での愛称が使われる。実際、「さとたま」と呼ばれることは少ない。
ノーメイクでもほとんど変わらない。
和服美人で有名。
二十歳くらいの頃、クリスマスの日に彼氏とは別の男性とデート(つまり、二股)をして彼氏に見つかり、握り拳で殴られたことがある。
| 音楽

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。